現金

コロナ、IRに暗雲 日本参入目指す事業者、業績悪化

日本語ではカジノリゾート参入方針 52569

この2部構成のシリーズでは、Inside Asian GamingのCEOであるアンドリュー・W・スコットが候補地および候補事業者を深く掘り下げていく。

IR誘致を検討する地方自治体やIR事業への参入を検討している事業者がIR区域認定のために留意すべき事項

参入規制の考え方 世界最高水準のカジノ規制を達成するため、米国ネバダ州とシンガポールの規制をベンチマークとして、日本におけるカジノ事業の参入規制については、以下a。 諸外国における免許取得に関わる審査 諸外国を参考にすると、カジノ事業を行う場合、免許の取得が義務付けられていることが一般的です。 日本において考えられる背面調査 日本における背面調査の内容は、先行してカジノの合法化を認めている諸外国の例を踏まえ実施されることが想定されます。 日本型IRの法制度の骨格となる、特定複合観光施設区域整備法(通称、「IR整備法」)上での背面調査制度の規定に関しては、連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」内の「 カジノ管理委員会による背面調査 」に詳しく記載されていますので、ご覧下さい。

国内企業:IR推進100社会 HP英語版を公開。IR事業者など海外関係者にダイレクト周知開始

IR区域の意義及び目標 第2。 IR整備の推進 第3。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。