現金

ブラックジャックの勝ち方徹底解説!プロギャンブラーも使う4個の必勝法と16個の賭け方

評判のいいブラックジャックの遊び方 41885

ブラックジャックはトランプで行うカジノで人気の高いゲームの1つです。ルールもシンプルかつ簡単なので初心者でも遊びやすいことで知られています。 ペイアウト率もカジノゲームの中では最も高いことから、戦略を極めることで安定した収入につながりやすいことも人気の理由と言われています。

ブラックジャック21:オンラインカジノのカードゲーム

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回は ヨーロッパでも人気の高いブラックジャックのルール や 勝率%上げるベーシックストラテジー について紹介していきます。 ブラックジャックは「 21 」という数字が印象的で、「 21にするためのゲーム 」と思われがちですが、それは少し間違いです。もしブラックジャックで勝ちたかったら「 21に近づけ自分がバーストしない 」ことを優先する必要があります。 また、ブラックジャックには 勝率を上げるためのベーシックストラテジーと呼ばれる戦略 があり、ブラックジャックが強い人はこの戦略を頭の中に叩き込んでいる人が多いです。 なお、ここでの解説には 日本でも遊べるベラジョンカジノ(日本で最も選ばれているオンラインカジノ)の実際のゲーム画像を引用していますので、興味がある人は自分の目でチェックしてみてください 。

ブラックジャックのルール

スペードのA またはJ が出ると特別ボーナスがもらえるルールがあったことから、「 ブラックジャック 」と呼ぶようになり、ゲーム名にもなりました。 ブラックジャックは、ヨーロッパから生まれたゲームになりますが、19 世紀後半にはアメリカでも楽しめられるようになり、 年代にブラックジャック必勝法が考案され、広められたされたことにより、 爆発的な人気を集めました。 世界的にポピュラーなゲームなので、やったことがある!!知ってる!!という人も多く、 カードゲームの中でも最も定番で人気の高いゲーム の一つです。 カジノで行われるブラックジャックは、プレイヤーはプレイヤー同士ではなく、 ディーラー(親、胴元、ハウス) との間で1 対1 の勝負を行います。 なお、A を11 と数えても21 を超えない手持ちカードの組み合わせのことを 、「ソフトハンド」 と呼び、A を1として数える、またはA を含まない状態を 「ハードハンド」 と呼びます。 もう1 枚のカードは伏せられているプレイヤーのカードはカジノによってフェイスアップ(表向き)の場合とフェイスダウン(裏向き)の場合もありますが、現在主流になっている6 デッキ以上を利用するルールにおいてはフェイスアップで配られることが通例(常識)となっています。

ブラックジャックの基本ルール

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。