現金

「カジノは令和ニッポンの『囲い込み運動』だった件W」まとめサイト

内が安心安全な件夢洲カジノ 23411

Q1 なんで知事・市長を辞任して出直しW選挙をするの? Q2 すでに否決された「都構想」なんでまた「住民投票」? Q3 維新が宣伝する「大阪を変えた」って、どんなこと? Q4 「二重行政」がムダだから「大阪都」が必要? Q5 大阪府と市が一体だから「大阪が成長できる」って? Q6 「大阪都」構想で住民に身近なサービスができるの? Q7 なぜ自民から共産まで「維新政治」に反対しているの? Q8 いま大阪のゆきづまりをどう打開するのか?

暴走する千代松市政を民主的にチェックし、是正させることを目的として、「 泉佐野市政をよくする市民連絡会」(以下市民連絡会) を結成して6ヶ月が経った12月15日(日) 、生涯学習センター多目的室にて、市民連絡会主催の第3回「泉佐野市政について語るつどい」が開催され、79名の参加者があった。 さて、今回のテーマに「カジノ誘致問題」 を取上げたのは、 「市民連絡会」結成を巡っての明るい会との交流で、 カジノ関係の資料等を送付してもらったことが端緒である。その資料の中に、 『泉佐野市のりんくうタウンにカジノを誘致する活動を本格化させるために、同市が部長級2人を含む8人を 「統合型観光リゾート (IR) 誘致担当」 に就任させた』という新聞報道があった。 その記事をきっかけに、「カジノ誘致を考える会」「大阪いちょうの会」「大阪市をよくする会」のメンバー 4 人と泉佐野市内で交流( 8 月)をもてたことが大きい。その後も 連絡をとりながら、つどいの内容も含めてアドバイス・支援をもらい、今回のように 多彩な内容となり、「カジノで街は元気にならない」ということがよくわかるつどいになった。 カジノ賭博合法化法案の成立 に抗議し、その廃止を求める決議。 大阪市北区西天満 4 丁目 5 番 5 号マーキス梅田 号。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。