現金

シドニーのカジノ「THE STAR」でポーカーやってきたので戦績とかプレイの振り返りとかまとめ

で勝ち続けるシドニーカジノ 62792

ここ数日は『その女アレックス』という小説を聴いているのですが、大学入試の面接の時、この小説だけをネタに乗り切ったことを思い出します。 読んだ当時からどこか懐かしさを感じることに疑問を抱いていたのですが、物語の前半が中高生の頃一瞬流行ったアングラサイトもどきの「終わらない夏休み」と心なし重なって感じられるからだと気づきました。懐かしいですね。

The Starについて

resocasi さんのツイート。 コメント( 12)。 winning letter。 まつけんさん 勝利おめでとうございます!! 素晴らしいですー!!! それにしても17連敗とは! 私だったら心が折れてもうプレイできません よくぞ復活なさいました  流石です こうなったら、連勝街道、ばく進しちゃってください!!! レポートに登場させて頂き、大変光栄です。 咀嚼音を立てない男です。 笑 今回、偶然同じ席でプレーさせてもらって、とても楽しかったのもちろんですが お得なプログラム開設支援や現地の情報提供等、たくさんサポート頂きまして大変心強かったです! 結果、収支はややマイナスでしたが、ご紹介頂きましたコミッション分を考慮すると、無事プラス収支で帰国することができました。 年始に友人と共にナノ単位で絞りにいきますので、その時もぜひよろしくお願いします! まことちゃん さん いつも応援コメントありがとうございます。 17連敗したら、普通は心も折れ、溶けますよね。 二度の追加資金投入しましたが、、、やけにならず粘り耐えた結果です。 また耐久力が上がった気がします。

カジノは計算上勝てない

さて、今回は「知っておくべきカジノ事情」をお伝えしましたがいかがだったでしょうか。マカオは小説「深夜特急」でも主人がカジノをやり続けて全財産を無くす寸前まで追い込まれたエピソードが書かれています。カジノでは計算上勝つことができません。カジノで勝った人は偶然に勝ち逃げすることができたからです。そのことをしっかりふまえて、無くなっても困らない程度の賭け金で楽しむのが正解だといえそうです。 トラベルスタンダードジャパンは香港ツアーを多数ご用意!香港経由でマカオをぜひお楽しみください。アジア専門スタッフがお客様のご希望やご予算に合わせて理想の旅行をご提案します。 「価格の安さ」と「対応スピード」はもちろん、旅の「質」が高いことも顧客満足度が高くリピート数が多い理由です。あなただけのオンリーワンのプランで一味違う海外旅行をしませんか? 海外旅行のトラベル・スタンダード・ジャパン TOP 世界の最旬情報 アジア マカオ マカオに行くなら必見!カジノは計算上勝てない!? 世界の最 旬 情報。 香港へ行くツアー フリーオーダー。 TEL 電話で無料相談する。 香港旅行についてはこちらも 参考にしてください 基本情報 ツアー お客様の旅行記。

シドニーのポーカールームのシステムとか

resocasi さんのツイート。 コメント( 12)。 まつけんさんこんにちは。 かんたんに勝ってるように書いてますが、なかなかストーリーは簡単ではないかと思います。 まつけんさんに比べたら私も2桁? それ以上小さい桁かもしれませんがここぞという時に胃がジリジリとする私なりのBig betを絞る様と似てるのか、、、否 負けたら心折れて撤退します。そこが違うのでしょうね。つおいメンタルとバンクは持ち合わせていません 笑。 マンタカさん 今回は簡単なストーリーでした。 僕自身については特に記載するようなことが無い、緊張感の無いプレイ展開でした。 ローリングコミッションが少なかったのがその証です。 ベトナム人のパフォーマンスはなかなか見応えありましたね。 豪州源 さん お久しぶりです。 銀行の取り扱いはそうなんですね。 僕は豪では銀行口座は持っていなく、WINNING小切手は勝ち分のカジノ間の移動媒体として使っています。 あとは、現金化していないカジノの勝ち分のみしかWINNING小切手に換えられませんので、リゾカジ読者の皆様にその時の勝ち分を紹介しやいという点でしょうか。 11億HKDローリングって一つ桁間違っていたりしませんか? コミッション率1%としても、コミッションだけで日本円で1。 はい、MAX300万HKDの卓でした。 LVS系だと、マネージメントの承諾を得なくても、MAX300万卓がフツーに置かれてあります。 というか、ここは6台のピットでしたが、すべて300万HKD卓でした。 個室を嫌う打ち手というのは、けっこう居ます。 この人も、ピットの中に「私人卓」を持っていて、そこから時々他の卓に「出稼ぎ」にくるわけです。 わたしは丸4日間このハウスにいたのですが、着いた時から去る時まで、この人はずっと居ました。 ローリング・ペーパーに書かれてあった数字は、わたしの見間違えではないと思います。 ちなみに、マカオで5日間の滞在で最大のコミッション額を叩き出したのは、邵東明(シャオ・ドンミン)氏で、上海東鼎投資グループ会長、上海市商工連副主席、政協委員、人民代表大会代表などを兼ねた、著名な「紅頂(=政商)」だった方です。 ローリングが50億HKDを超したそうです。 この記録は、まだ破られていない、と聞いています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。