開発

カジノディーラーの年収や20~65歳の年収推移・カジノディーラーで年収1000万円になる方法

ボーナスカード大阪のカジノ 43077

トランプの数値で勝敗を決するという点では ブラックジャック に似ていますが、ゲームの進行そのものはディーラーがすべてを行うので、ゲーム参加者は単純に賭けを行うだけでよく、初心者にも取っ付きやすいのが特徴です。

こりあらーむ 記事カテゴリー

カジノディーラーの年収の平均は、 万円 でした。(海外サイト・海外口コミ調べ) 最大年収:約万円 平均年収範囲は 万円~万円 となっています。 お給料(月収):約46万円 最大年収:万円以上 日本ではまだカジノ自体が違法なため正規のカジノディーラーは存在しません。そのため海外の情報から集めました。 カジノディーラーの給与体系はほとんどのカジノが時給と、カジノで遊ぶお客様から貰うチップが給料になっています。 時給もその国やアメリカだとその州が定めた最低賃金のところがほとんどのようです。 例えば有名なカジノがあるラスベガスがあるネバダ州の最低賃金は時給約円なので、仮にカジノディーラーとしてラスベガスで1日に8時間働いても円です。 フルタイムで月に20日働いたとして月給14万万円で、これにお客様から貰うチップが加算されます。 そのためカジノディーラーの年収は働くカジノの規模によってお客様から貰うチップの金額が大きく異なり、それと景気やシーズンによっても違ってきます。 カジノディーラーの職種別年収を予測してみると、 マカオのカジノディーラー:万円~万円以上 ラスベガスのカジノディーラー:万円~万円以上 世界的にも有名なカジノと言えばマカオとラスベガスがよく知られていますが、カジノディーラーの給与体系はどちらもほとんど同じで時給とカジノで遊ぶお客様から貰うチップが主な収入です。 アメリカのネバダ州にあるラスベガスの1年間の売上高は66億ドル 約億円 で、一方のカジノは1年間の売上高はラスベガスを上回っています。 さらにマカオ政府の統計によるとマカオのカジノで働く人の数は、マカオの労働人口の11%に相当する約3万人が働いています。 マカオのカジノで働くカジノディーラーの平均年収は公務員の2倍以上と言われていて、日本のサラリーマンの平均年収とあまり変わらないようです。 マカオもラスベガスも客様から貰うチップはテーブルに設置されているボックスに入れることが義務付けられていて、チップを回収するスタッフが監視カメラがある部屋に運び警備員が立ち会うなかでチップが数えられるようです。 そして給料日にチップも平等に分けられ支給されるのでカジノディーラーの年収も、大きなカジノであればあるほど多くなるのが普通です。 各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ 最大年収を迎える50代の年収が。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。