開発

ケアンズのカジノ併設ホテル【プルマン リーフホテル カジノ ケアンズ】

日本人限定プルマンリーフスロット 12766

プルマン・リーフ・カジノには会員カードがあります。Reef Rewardsと言われていて、誰でも無料で会員になることができます。プルマン・リーフ・カジノの入り口付近のReef Rewards デスクにて書類を記載し、パスポート提示をすればその日のうちに会員カードをてにすることができます。

ジュピターズホテル&カジノ女性初心者レポート体験記【ゴールドコースト/オーストラリア】フレンドリーで初心者でも楽しめるオースカジノ!

プルマンリーフ ホテル カジノでは、敷地内にワラビーやコアラが見られる動物園や複合施設があり、モダンで都会的なホテルにいながらも、自然やオーストラリアらしい動物たちと触れあうことができます。 カジノ体験だけではなく、美味しい料理を楽しんだりレジャー体験ができたりと家族旅行にもカップルの宿泊にもオススメできるホテルです。 プルマンリーフ ホテルの客室は、全体的に広めに設定された清潔感と開放感があるお部屋です。 オフホワイトと濃いめのブラウンで統一された高級感のあるインテリアは、日本人観光客からも人気があります。特に上層階位のお部屋からは、美しいトリニティ海峡やサンゴの海を一望できるので、贅沢なリゾート気分を味わえること間違いなし。 一部設備が古いものもありますが、清掃などが行き届いているおかげで大変キレイです。 アメニティには一部歯ブラシや、洗面所のコップなどやや少なめですが、フロントやスタッフに連絡を入れれば持ってきて貰えることがほとんどです。むしろ必要な場合のみ連絡を入れて持ってきてもらえるスタンスに近いので、ここはやや日本のホテルと勝手が違うので注意が必要です。 ルームサービスは24時間受け付けています。 プルマンリーフ ホテル カジノには、ホテル内のケアンズ最大のカジノ場があります。マカオやラスベガスなどに比べると観光客を除けば欧米人が多い傾向にあります。 ドレスコードは不要ですが、きれいめな格好で入場するのがベター。ラフすぎる服装で入場しないように注意しましょう。 また、初心者では参加しにくいテーブルゲームも、ディラーによっては初心者向けにプレイをしてくれることがあり、はじめてのカジノ体験にもオススメです。 ただし、カジノ内ではほとんど日本語は通じませんので、最低限の英語は確認してから足を運んだほうがいいでしょう。 スロットやブラックジャックなどのカジノゲームを、スマホやPCから楽しめる「オンラインカジノ」をご存知ですか? 海外で合法的に運営されているオンラインカジノは、日本からでも実際のカジノと同様にプレイすることができます。

ユーザーに人気の設備・サービス

カジノ好きなら一度は参加してみたいイベントが、海外のカジノで毎日の様に開催されている賞金トーナメント。 参加者が参加費を払い、決められたゲーム(多くはテーブルゲーム)で勝利金額や勝ち抜き戦を突破して、優勝すればカジノの勝利金額以外に、トーナメントにかかった賞金も手に入るイベントです。 でも、カジノが近くにある地域に住んでいる人でない限り、なかなかそんな機会に巡りあう事もできません。 いつかタイミングが合えば参加してみたいなーと思っている人も多いのではないでしょうか? そのタイミングが「今」やってきました! それは、海外のランドカジノではなく、インターネット上のカジノ「オンラインカジノ」です。 今回、このイベントが開催されているのは、日本人プレイヤーも多く利用するマルタ共和国の本社を置く企業「ベラジョンカジノ」です。 今回開催されているのは、ベラジョンカジノの中に搭載されているゲームの中の「ライブカジノ」というジャンルになります。 ライブカジノとはパソコンやスマートフォンの画面を通して、実際のディーラーとリアルタイムにカジノゲームを楽しめる仕組みで、これだけを遊ぶ為にオンラインカジノを利用する方も沢山いる程です。 ベラジョンカジにはライブカジノが「カジノ・パリとカジノ・シンガポール」の2種類用意されていますが、今回の世界最高のライブシステム「Evolution Gaming」を搭載していてある「カジノ・パリ」の方で開催となっています。 各日に指定されたテーブルゲームを遊んで、各期間内の合計ベット額が高い順に賞金が付与されるトーナメント戦となります。

クラウンカジノとは【メルボルン/オーストラリア】

日本の友好国としても知られているオーストラリアにもカジノがある のをご存じでしょうか?コアラやカンガルーといった大自然を想像されがちなオーストラリアですが、実はカジノ大国でもあります。 カジノってどんなイメージがありますか?「 初心者はカジノには入れないんじゃないか 」と疑問に思う人や「 ドレスなどのイメージからなんとなく敷居が高い 」という人もいるでしょう。 オーストラリアには、なんと 主要都市には必ず1箇所はカジノが用意されている ほどのカジノ大国なんです。さらに、ホテルと併設されていることが多いため、寝る時間以外はカジノにあてられるともいわれているほど。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。