開発

ベラジョンカジノのスロット全攻略!初心者は覚えておきたいスロットの選び方

確率はどれくらいロイヤルべガスカジノ 24896

いざラスベガスでプレイする前に(マカオも当てはまりますが)、知っておくべきことがいくつかあります。 ラスベガスが何の根拠もなく「ファビュラス・ラスベガス(=ネオンサインが撮影スポットにもなってますね)」と呼ばれているわけじゃありません。 この都市を訪れる理由はいくつもがあります。 エンターテイメントショー、ナイトクラブやレストラン、はたまた結婚式も。ネバダ州は婚姻手続きが簡単なため、ラスベガスで思いつきで結婚しちゃった、ってことも。 映画:ハングオーバー! で、酔っ払って、朝起きたら結婚しちゃってた、ってシーンもありましたね。ドライブスルー結婚式っていうのもあるくらいですからね。

ラスベガスで犯す過ちトップ10

アメリカンルーレットは、インサイドレイアウトに 1~36の36個の整数と"0"と"00" を加えて合計38個の数字で成り立っているものです。 ラスベガスやマカオのカジノでよく使われています。 アメリカンルーレットは ヨーロピアンルーレット や フレンチルーレット にはない00(ダブルゼロ)のポイントが存在します。そのためハウスエッジ(控除率)はヨーロピアンやフレンチと比較して高くなっています。 では、アメリカンルーレットの場合の控除率を考えてみると、例えば、ある賭け方が「アウトサイドベットの赤黒」で赤に1ドル賭けて当たったとき、配当2倍なので2ドルが返ってきます 利益が1ドル これは、本来のルールに従っているわけですが、理論上では別の話となります。 ハウスエッジ 控除率 というのは、簡単に言えば 胴元の利益 のことを指します。 言い換えれば、ある賭けに対して勝った場合、本来理論上もらうべき配当から差し引かれる金額、つまり 手数料 のことをいいます。

Hello world!

それほど遠くない昔スロットマシーンで遊ぶ人はカジノにおいて二流と見なされていました。ジャックポットは小額でペイアウト率もひどく、フリールーム、ショーへの招待、食事などテーブルプレイヤーに通常与えられるようなボーナスをもらうこともできなかったのです。 しかしここ数十年でカジノ産業の形態が変わり、今では70パーセント、場所によっては80パーセントにも至るカジノの収益がスロットからくるようになりました。 これと同様に特別な絵柄が出るとボーナスイベントが発生し、フリースピンができたり、別画面に移動したります。別画面ボーナスの例として長年人気のあるWMSゲーミングスロットの「Jackpot Party」があります。3つのノイズメーカー(音の出るおもちゃ)がリールに出るとプレゼントのラッピングに包まれたパッケージが画面が登場します。プレイヤーはスクリーンに触れてパッケージを開きボーナスを獲得することができ、「プーパー(パーティーをしらけさせる人)」が出るとゲームは終了します。このようなボーナスラウンドにより近年のビデオゲームは人気を集めるようになったのです。 絵柄が揃うと賞金がクレジットメーターに加算され、コインを清算したい場合は「キャッシュアウト」ボタンを押すと大抵のマシーンではバーコードの入ったレシートが印刷され、それを換金することができます。古い台ではトレイにコインが出てきます。 エチケット 多くのプレイヤーは隣接する2,3台を占領しますが、お店が混んでいて他のプレイヤーの遊べる台がない場合は一つだけを選びましょう。実際少しでも混雑している場合一つの台に集中したほうがより簡単です。ある女性は6台同時にゲームしていて、一つの台にコインを投入している間に廊下の向こう側にある他の台でジャックポットが出て通行人にコインを奪われるということもありました。 化粧室に行く際はいすをマシーンに傾けたり、コートをかけたり、そのほかすぐに戻ってくるというサインを残します。このようなサインに注意しないと他のプレイヤーとのトラブルなどが発生してしまいます。 ペイアウト 1ドルの5%のほうが1クオーター(25セント)の8%、若しくは1ニッケル(5セント)の10%よりも有益だということが判明して以来ペイアウト率は上昇しました。殆どの国ではスロットのペイアウト率は93パーセントでネバダ州においては更に高くなっています。ラスベガスのカジノでは通常最高のペイアウト率が採用されていて、それは95%以上にも達します。これらの率は10万から30万回のスピンから取った長期にわたる統計の平均を示すものです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。