異なる

投票券 : 公営競技

結果発表控除率 11921

日本 の 公営競技 における 投票券 (とうひょうけん)とは各競技における競走対象の着順を予想して投票(購入)し、結果に即し配当を得るための券である。本項の倍率は断りのない場合、現在の日本で使われている円に対する配当金を示す方式を用いる。

受験要項・実施要項・試験規則・出題範囲

都道府県・市区町村に対する寄附金のうち、2,円を超える部分について、一定限度額まで、原則として所得税と合わせて全額が控除されます。 なお、所得税・住民税から寄附金控除の適用を受けるためには、確定申告を行う必要があります。 メインナビゲーションへジャンプ メインコンテンツへジャンプ フッターへジャンプ。 文字サイズの変更 小 中 大。 サイト内検索 未入力で検索実行した場合、検索結果は表示されません。 ふるさと納税の概要 ふるさと納税に関する現況調査等 ふるさと納税関連資料 関連情報 東日本大震災の被災地への寄附金・義援金について 災害義援金等に係る「ふるさと納税」の取扱い。

このページに関するお問い合わせ先

勝馬投票券 (かちうまとうひょうけん)とは、 日本 の 競馬 において、着順結果によって配当を行う 投票券 の一種である。通称 馬券 (ばけん)。 基本的な性質については 投票券 を参照。勝馬投票券 以下馬券 は 競馬法 の規定に基き、 日本中央競馬会 または、 地方公共団体 によって発売される。馬券の種類、発売方法については他の 公営競技 とほぼ同等だが、控除率についてはやや異なる。 勝馬投票券という言葉が生まれたのは年 大正2年 である。年 明治21年 から 横浜競馬場 で馬券が発売され始めた当初は「馬賭」や「賭札」と呼ばれていた [1] 。年 明治39年 の 馬券黙許 で「馬券」という言葉が公式に用いられる。年 明治41年 に馬券発売が禁止され日本の競馬は補助金競馬時代に移り馬券を売れない競馬場はどこも閑古鳥が鳴く。そのなかで、年 大正2年 宮崎競馬場 で勝馬投票券の試みを行う。翌年 大正3年 以降は 目黒競馬場 など各地の競馬場でも勝馬投票券を取り入れる。このときの勝馬投票券は馬券のようなものだが、禁止されている馬券 賭博 と見なされないように現金で払い戻さず、当たった勝馬投票券はデパート商品券など商品券で払い戻し。販売は入場券についた投票券 1円の1等入場券には投票券2枚、50銭の2等入場券には1枚 で投票し商品券の額も払い戻し枚数も制限があり、当たり投票が多いと抽選になる [2] [3] 。大正12年、競馬法 旧競馬法 が成立し現金で払い戻すことが出来るようになったが、正式名称は勝馬投票券のままとなった。したがって、明治期には勝馬投票券という言葉自体が無く正式名称が馬券、現代では正式名称が勝馬投票券で俗称で馬券と呼ばれている [4] 。 日本中央競馬会『日本競馬史』などで公式には日本で最初に馬券が発売された年は日本レース倶楽部が横浜競馬場において発売した 年 明治21年 とされているが、それ以前の競馬では賭けが行われていなかったということではない [5] 。 年 明治4年 の時点でロッタリー( ガラ馬券 )の弊害が問題とされている [6] 。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。