異なる

ポーカーのストレート(役)は確率的に強い?弱い?狙うべき?

配当の計算方法テキサスホールデム 45103

こんにちわ!ポーカー大好き、Casimo編集長の笠原です。 今回は ポーカーの代名詞ともいうべきゲーム、テキサスホールデムポーカー についてご紹介していきます。

テキサスホールデムとは

英語で言うと勝率は equity で期待値はexpectation value略して EV 。 epuityという言葉を英和辞書で調べてもそんな意味が出てこないのですがポーカーの話の中では 【equity=勝率】 と考えて支障はないです。 英語で言った方が格好良いので人と会話するときは英語の方を使いましょう。簡単に用語の意味を説明します。 よくわからない呪文みたいな文字が表れてきました。 ポーカーにおけるEVとは簡単に説明すると 『一回あたりにどれだけ稼げるか(期待していいのか)』と言うことです。 これがマイナスになることもあります。そのようなアクションは避けた方がいいでしょう。 具体的に説明していきます。 この数値は現時点でアクションが完了した場合の勝率であって実際にpotが取れる頻度ではありません。勝っているハンドを降ろせたり、降ろされたりする事もある。勝率 equity があるのにpotオッズが合わなくて降りることをもある。

まずはポーカーハンド(役)を覚えよう

相手の手を読み 、どんな戦略を使うかによって、たとえ良くないハンドでも勝つ事のできる、まさしくポーカーフェイスで ハッタリ(ブラフ) の効くゲームと言えます。 また 初心者が犯しがちなミス や罠を避けることでゲームの勝敗を 大幅に改善 することもできます。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

カジモ編集部の笠原豪です。 今回はポーカーのアクションの1つ、 「オールイン」 を徹底的に解説していきます。 ポーカーは対戦相手との 駆け引き、心理戦 が醍醐味で、海外では 「知的なスポーツ」 としてとても人気が高いゲームです。 この記事さえ読めば、ポーカーのオールインの概要はもちろんのこと、効果的なタイミングなどを包括的に習得することができます。ポーカーはシンプルなゲームですが、 意外と奥が深く、深く知るほど熱くなれる魅力的なゲームです。 なお、 この記事で引用する画像は、業界最多のソフトウェアを採用している W88カジノ で遊べる実際のゲーム画像です。ポーカーのオールインを習得したら、ぜひW88カジノでも遊んでみてください!

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ポーカーの役(ハンド) における「 ストレート 」。一般的に普及しているクローズドポーカーでも、カジノやオンラインカジノで流行っているテキサスホールデムポーカーでも、この「ストレート」の使い勝手は正直絶妙です。 まず、5枚使わないと完成しないハンドなので、成立条件はかなり厳しいと言えます。フルハウスならば成立する前の過程で、すでにワンペア、ツーペア、スリーカードである可能性もあり、ある程度の保険が効きますが、ストレートにはそれがありません。多くの場合、 ストレートが成立しなければただのゴミ手 です。 そのため、ストレートができそうだと感じてもなかなか躊躇してしまいがちです。そこで、今回は ストレートの基本中の基本 から、実際どのくらいの確率でできるのか、他の役と比較して強いのか弱いのか、どういったタイミングで狙うべきかを徹底的に解説していきたいと思います。 ロイヤルストレートフラッシュやストレートフラッシュは、いわばストレートの上位版なので、厳密にはストレートとは言いません。また、一番下のように、 KからAのつなぐ場合はAが最後にこないと認められません。 したがって、ストレートは数字の並びが。 ポーカーのストレートの強さですが、これに関しては完成確率から考える方法と、実際にプレイしているプレイヤーが肌間で感じる強さと少し差があります。前述の通り、ストレートを狙う場合多くの場合で 成立しなければハイカード(ワンペアより弱いのハンド)で終わってしまうため、勝負自体に踏み切れない からです。 ストレートドロー のドローとは、あと1枚あれば特定のハンドが完成するという意味です。ストレートドローなので、あと1枚でストレートになるハンドを言います。たとえば、上記の 1 の段階で以下のようなハンドだったとしましょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。