好きな

元ハイローラーが語るカジノ法強行成立の愚

法カジノホテル 29321

法と経済のジャーナルトップ   >   事件記者の目   >   事件記者の目。

待望のIR実施法成立、ナイトタイムエコノミーとの連携で期待される経済効果

長谷川氏 ようやくか、という感想です。年に当時の石原都知事が東京お台場カジノ構想を立ち上げ、カジノは違法と言われていた頃からIR議員連盟(正式名称:国際観光産業振興議員連盟)が立ち上がり、議論は行われていたのです。 長谷川氏 そのとおりです。今でこそ訪日外国人の数は万人を超えたと言われていますが、年当時は万人程度でした。年前後はインバウンド需要を取り込もうにも、どうやって誘致するかを考えなければならない状況だったのです。 長谷川氏 シンガポールにマリーナ・ベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサという2つのIRが年に完成したことによって、シンガポールの雇用は改善し、開業してから5年の間にGDPが急激に増えたのです。 長谷川氏 大阪万博がきっかけになりそうで、年頃ではないかと言われています。 齋藤氏 IRだとカジノ、いわゆるゲーミングが注目されがちですが、ショーパフォーマンスやナイトクラブ、飲食店など周辺にあるナイトエンターテインメント全体との親和性が高く、連携して進める事が必要だと思います。風営法改正、そして観光庁のナイトタイムエコノミー政策の中でもIRは議論されています。 長谷川氏 齋藤先生のおっしゃるとおり、IRは24時間日稼働するので、施設内のショーやバーによって大きな経済効果を生みます。日本の観光は夜の消費が弱いのですが、ナイトタイムエコノミーとIRがうまく噛み合えば大きな経済効果を生むはずです。

法蘭度餐廳を見た人は、こんなところも見ています

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 政治・経済 国内経済。 野口 孝行 : フリーランスライター/編集者 著者フォロー。 トピックボード AD。 トレンドライブラリー AD。

「IR」の主役は実は別のところにある

デイナーに行った、TAIPA島の入り口のフラミンゴスペイン料理に行く予定だったが、閉まっていたので、ホテルの人に聞いて、黒沙海岸に行った、、砂はほんとに黒かった、レストランは満員で、日本人の旅行客もいた驚いtた、肉・ポテト・回料理を堪能した、ワインを注文した、ワイングラスでなく、日本でいうビールコップであった、面白いですね。夕方八時を過ぎた タクシーを待ったが、田舎のため来ない、バスを待つが来ない、数分歩いてやっとタクシーを捕まえた、澳門の中心地に着いたのは食事を終え1時間以上かかっていた。ツアーでなければ、タクシーを予約すべき。 ホテルが並ぶ所からは遠いということで、タクシーで行きました。 現金のみなのですが、米ドルやユーロでも受け取ると言われました。 今までポルトガル料理は食べたことなかったですが、美味しかったです。 多くの人がこのお店にわざわざ来る理由は分かりました。 香港から高速船で1時間。タクシーを飛ばして1時間弱の黒沙海灘に面したひと気もないところにあるポルトガル料理のお店です。 エアコンもなく天井からの回転翼と開け放たれた窓から木陰を抜けてくる風とで、のどかな時間を過ごしながら、ゆったりと食す。 町外れのため、わざわざやって来たというのに満席になる人気店です。 鳥や肉料理もありますが、今日はあえて魚料理をチョイス。ワインにしたかったけど暑さに慣れていない体のためにビールを注文すると、発泡スチロールにはまった冷たさを逃さない工夫のビールが運ばれて来ました。 味付けはニンニクが豊富に使われ、スパイスも効いて美味です。 ゆったりとした時間を過ごしながら、古き良き時代を振り返ることができました。 日本人は我々だけかと思いきや、隣の男性陣は日本の商社マン風でした。 お勧めのお店ですが、会計は現金のみ。 また帰りはタクシーを呼んでもらうか、路線バスで町まででなければなりません。 Certificate of Excellence。 レストランの詳細 ダイニングオプション: 朝食, 深夜営業, ディナー, ランチ, 予約。 訪問時期: 年8月。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。