陽気

テキサスホールデムのための5つの戦略 : ポーカーストラテジー

ランキングポーカーのブラフ 26143

カジノエックスのボラティリティフィルタについて カジ旅は忙しい人でもプレイしやすい? レオベガスのギャンブル依存防止策について。

ポーカーのハンドランキングチャート

最後のカードが配られるまで、プレーヤーはその時点でのベストハンドをもっているか、もっていないかのどちらかになる。 もっていない場合、この状況のことをbehind(ビハインド)と呼ぶ。 例) フロップ【J・10・9】のとき自分のハンド【A・K】。 check-raise(チェックRAISE)とは、あるベッティングラウンドでチェックした後にRAISEすることである。チェックRAISEは、single bet(1BET)が先に入っていたら降りるだろうけれどもチェックで回ってきたらBETしてくるプレーヤーに罠をしかけるためなどに用いられる。 このようなポジションBETしてくる プレーヤーにチェックRAISEは効果的である。 ビックブラインドをしたプレーヤーに戻して次のゲームに移ること。 これはホールデムにおいて、誰もブラインドに対してCALLしなかった場合に起CALLことがある。多くのカードルームではフロップが開いたときにのみ、rake(レーキ)を徴収することが多いので、これを避けるために、プレーするのではなくチョップに同意するわけである。アクションが多いテーブルにおいては、チョップしてさっさと次の勝負に移るためにチョップが成立ことも多い。 Wanna chop? Cold calling(CALLドCALL)とは、2Bet以上に対してCALLすることである。例えば、プレーヤーAがBET、プレーヤーBがRAISE、プレーヤーCがCALLした時、プレーヤーCは2BETに対してCALLしているのでCALLドCALLということになる。CALLドCALLは、AがBET、BがCALL、CがRAISE、AがCALL、BがCALLした場合のBのように1BETづつ 2回に分けて2BET分ポットに入れたCALLとは意味合いが全く違ってくる。 いかさまの一種。強いハンドが配られるように仕組まれたカード一式のこと。いわゆる積み込み。または、負けゲームが続くスパンをさすこともある。例)I have been hit by cold deck recently。 特にpocket(ポケット)で、連続するランクの2枚のカードのこと。例えば7と8など。もしスーツも一緒なら、suited connectors(スーテッドコネクター)と呼ぶ。

国内の最新ライブポーカートーナメント情報をお届けします

ポットを獲得する上で数学的に不利なプレイヤーまたはハンドのこと。たとえば、フロップであと 1 枚でフラッシュ完成となった場合、リバーでフラッシュを完成する確率は でアンダードッグとはならない フラッシュ完成の確率は 3 回に 1 回 。「ドッグ」の項も参照のこと。 役が完成すれば獲得できるベットを含めたポットオッズ。たとえば、ポットオッズが フラッシュが完成する確率 でなくても、リバーでフラッシュが完成すればベットを獲得できると考え、フラッシュドローでターンをコールをする。 このポーカー用語集は、『 Winning Low リミット ホールデム 』の著者 Lee Jones 氏の協力を得て同書より抜粋、翻訳したものです。 ベットまたはコールでチップ全額を使い尽くすこと。テーブルステークスゲームでは、プレイヤーはハンド中に手持ちの金額以上を使うことはできない。手持ちのチップがなくなった場合はサイドポットが作られるが、このポットを手に入れることはできない。ただしチップを投じたポットを獲得するチャンスはある。使用例: 「ボブはついてないな。クワッズでフルハウスに勝ったけど、2 回目のベットでオールインだった」。 ストレートが完成するランクが 2 つある状態。たとえば、プレイヤーの手札が でボードが の場合、10 T または 5 でストレートが完成する。アップアンドダウン ストレート ドロー Up-and-down straight draw とも言う。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。