陽気

【斜陽産業】カジノに依存したマカオ、収入減でGDP-20%に・・・米国でも収益が半減し高失業率に陥る都市も ★2

最小限にしながら勝ニューカレドニアのカジノ 50563

任意整理・自己破産・個人再生・過払い金返還請求等 債務整理の 相談料無 料 。土日や夜間の相談もOKです 。

平成25年10月5日 大掃除のはずが・・・

本項ではテレビシリーズ全作のほか、後に製作されたテレビスペシャル、 オリジナルビデオ についても記述する。 元締めとなる『ゴッド』(シリーズによってはゴッドが登場せず、代理人が登場することもある)の指令の下、法の目を掻い潜り暗躍する悪人たちに、コードネームを持った「ハングマン」が制裁を加える作品である。当時朝日放送で制作されていた時代劇『 必殺シリーズ 』(『 必殺仕事人 』)のコンセプトを現代に置換えたもので、必殺シリーズと同様、ストーリーにはその時々の社会風刺や世相が多く盛り込まれている。 ハングマンを演じる俳優は黒沢年男(現: 黒沢年雄 )、名高達郎(現: 名高達男 )、 山本陽子 、 佐藤浩市 、 渡辺徹 、 火野正平 、 植木等 、 山城新伍 など、当時の主力俳優を擁しており、このうち名高は全7作中5作に出演している。ゴッドは 山村聡 、 フランキー堺 、 天知茂 と、重鎮クラスの俳優を配していた。 計7作のテレビシリーズのほか、単発のテレビスペシャル( 年 )、オリジナルビデオ( 年 )が、それぞれ1本ずつ作られている。 シリーズ第一作。ハングマンのメンバーはいずれも様々な事情で組織を追われた元警察官であり、巨額の報酬と引き換えに顔を整形し [1] 、指紋と戸籍を抹消され、他人と接点を持つことを禁じられている。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。