信頼

「もはや禁止に意味はない」? 日本、カジノ解禁か

フェイスブックゲームカジノ議連 54557

投稿内容 タグ ブログタイトル ウェブ全体。

IR整備法案、このままで本当に大丈夫?~依存症対策議連が韓国視察報告会を開催 - 政治・選挙プラットフォーム【政治山】

IR推進法案や各地の誘致の動きから、エンターテイメントとしての魅力まで。 Integrated Resort(統合型リゾート)とは何か?を様々な角度から、専門記者がレポートしていきます。 by abema TV」のAJPCチャンネルで、ファイナルテーブル含め、各トーナメントのアーカイブが視聴できるようになっています。興味のある方はご覧になってくださいね。 「全日本ポーカー選手権」(AJPC)チャンネル FLESH! IR議連総会も開催されたことで、IR推進法案が秋の臨時国会で成立するのではないかという期待が高まってきているようです。なぜか私にまで問い合わせが頻繁に来るようになりました。IRの動きというのは、何も国会だけの動きではありません。今週末に私が注目している二つのイベントが開催されるので紹介したいと思います。  ひとつは23日の「全日本ポーカー選手権」(AJPC)。8月末の大阪予選、先月の東京予選には約2,人がエントリー。メイントーナメントを勝ち抜いた強豪が、13時から決勝ラウンドで激突します。22日13時からはシニアトーナメント、15時からレディーストーナメント、23日10時半からジュニアトーナメントを開催。すべての決勝ラウンドはインターネット「FRESH! 今月2日の読売新聞朝刊の政治面で、先月初入閣した鶴保庸介沖縄北方担当相のインタビュー記事を目にしました。新任の大臣に対して新聞各社がインタビューを行うことは恒例のことですが、沖縄の振興策のひとつとして「カジノを含むIR(統合型リゾート)を沖縄に作ることは大賛成だ」という発言が目に留まりました。  沖縄はもともと年代の初めから、IR・カジノ誘致をリードしてきた地域として知られています。前任の仲井眞弘多氏の県知事就任後となる年より県としての調査事業が本格化し、官民の誘致の動きが広がりました。しかし、年に就任した翁長雄志知事がIR誘致に反対の姿勢を示したことで、残念ながら現在は誘致の動きが停滞している状態にあります。  豊富な観光資源、東アジア・東南アジアからのアクセスの良さなどのメリットを生かし、沖縄ではいわゆる「都市型IR」「地方型カジノ」とは別の「沖縄型IR」として、独自モデルの検討が進められてきました。沖縄のIR誘致に詳しい関係者によると、一年を通じて気温の変動が少なく、頻繁に県外から多くの観光客が集まるイベントを開催していることで、ホテルの稼働率は年間を通じて高い水準を維持しているそうです。  鶴保氏は和歌山県選出の自民党参議院議員で自民党の二階俊博幹事長と近いことも知られ、閣内からは山本幸三地方創生担当相が先月のWall Street Journalにおいて、IR推進法案について前向きな発言を行っていました。  さて今回の鶴保氏の発言について、前出の関係者に意見を求めたところ「県政に直接的に影響を及ぼすものではないが、中長期的にIRの議論が再度盛り上がる可能性がある」と話していました。沖縄での誘致活動再開への期待とともに、今年秋の臨時国会を前に広いエリアで期待が高まっているようです。

米国合法化の波でモバイルギャンブル、年29%成長の見通し

一方、The Daily Yomiuriによると、消費者庁に近い情報筋からの話として、 「コンプガチャ」という人気のシステムを使ったソーシャルゲームを 国がまもなく規制すると報じている。 消費者庁はまだ公式決定を出していないが、広範囲におよぶ決定が出た場合、 収入の18~50%がコンプガチャの売り上げだという話もある 日本のソーシャルゲーム業界は縮小するおそれがある。 カリフォルニア州、ネヴァダ州およびニュージャージー州は、 さまざまなタイプのオンライン・ギャンブルを許可する法律をすでに検討している。 課税の対象となる売り上げを生み出す場所を新たに見つけ出して、州政府予算のマイナスを減らしたいからだ。 Zynga社のマーク・ピンカス最高経営責任者(CEO)は2月のカンファレンスで、 同社のソーシャル・ゲームにギャンブルというジャンルは合うし、 その方向を期待していると述べた。

【カジノ解禁法案】IR議連が総会 年内にパンフ作成、国民の理解求める方針で一致 - 産経ニュース

フォロー中 フォローする フォローする。 トップ ポイント メール 天気 ニュース 地図 路線 グルメ テレビ ゲーム 辞書 旅行 教えてgoo ブログ デジタル家電 格安スマホ 住宅・不動産 車・バイク サービス一覧。

米国合法化の波でモバイルギャンブル、年29%成長の見通し | カジノ新聞

第1条(目的) 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律第5条の規定に基づく法制上の措置として、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ事業の収益を活用して地域の創意工夫及び民間の活力を生かした特定複合観光施設区域の整備を推進することにより、我が国において国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現するため、特定複合観光施設区域に関し、国土交通大臣による基本方針の作成、都道府県等による区域整備計画の作成、国土交通大臣による当該区域整備計画の認定等の制度を定めるほか、カジノ事業の免許その他のカジノ事業者の業務に関する規制措置、カジノ施設への入場等の制限及び入場料等に関する事項、カジノ事業者が納付すべき国庫納付金等に関する事項、カジノ事業等を監督するカジノ管理委員会の設置、その任務及び所掌事務等に関する事項その他必要な事項を定め、もって観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資することを目的とする。 第3条(国の責務) 国は、推進法第3条の基本理念にのっとり、我が国において国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現するため、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する施策(特定複合観光施設区域の周辺地域の開発及び整備、交通環境の改善その他の特定複合観光施設区域の整備に伴い必要となる関連する施策を含む。)を策定し、及び実施するとともに、犯罪の発生の予防、善良の風俗及び清浄な風俗環境の保持、青少年の健全育成、カジノ施設に入場した者がカジノ施設を利用したことに伴い受ける悪影響の防止並びにこれらの実施のために必要な体制の整備その他のカジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響の排除を適切に行うために必要な施策を策定し、及び実施する責務を有する。 ログイン 会員登録。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。